おむつフィッター1級講義について

講座の開催およびお申込みについて詳しくは、こちらをクリック

|A講座

【講義内容】

● 排泄をテーマに住宅改修を考える

老いや病により、運動機能などに不自由さが生じるとき、その人の抱える疾病や困難を把握し、そこから排泄や生活を支える用具・住宅改修のあり方について学びます。

講師:船谷 俊彰氏 パナソニック エイジフリー株式会社  作業療法士


● 薬の役割と排泄に及ぼす影響

薬とは何か、薬の役割について、そして、薬がいかに排泄に関わるのか、薬が身体に及ぼす
影響などを学びます。

講師:千島 已幸氏 クオール株式会社 薬剤師

|B講座

【講義内容】

● 排泄に関わる動作を理解し、そのための衣服の工夫を学ぶ

衣服はその人を表すものです。しかし身体が不自由になると、ケアをする人の視線で選びがちです。排泄を助ける衣服、その人が着たいと思う衣服の実現について、実技を交えながら学びます。

講師:岩波 君代氏 福祉技術研究所株式会社


● 「人が逝くときに大切なこと ― エンゼルケア再考」


生と死の過程、そして、つながりについて見つめ直し、また、エンゼルケア(死後のケア)の意義について学びを深めます。

講師:上野 宗則氏 株式会社素敬代表、ゆっくり小学校ようむ員



● 現代社会における介護の在りよう、家族の抱える介護の問題

高齢の夫婦世帯の介護の問題、息子が親を、娘が親を介護する時に抱える困りごとなど、現代社会における家族の抱える介護の問題、生活問題について、学びます。

講師:春日 キスヨ氏 臨床社会学者 高齢社会をよくする女性の会・広島代表

|C講座

【講義内容】

● 疾病に合わせた移乗やポジショニングを学ぶ


老いや病により、介助時に配慮しなければならないことは様々あります。
拘縮のある方への姿勢の整え方、互いに安心できる触れ方など、一人ひとりに合ったポジショニング、移乗のあり方について学びます。

講師:下元 佳子氏 生き活きサポートセンター「うぇるぱ高知」代表 理学療法士


● 車いすの種類と調整の基本を学ぶ

排泄は、日々の姿勢が大きく影響します。身体の状態、障がいの状態などを
考え、どのような車いすを選んだらよいのか。また、車いすの調整やクッションの
使用により、いかに心地よい姿勢を作るか、を学びます。


● 生活を支えるベッド・リフトの使用について考える

適切な用具の使用は、排泄行為をはじめ、日々の生活の助けとなります。ベッドの機能について、また、さまざまな種類のリフトやスリングシートを知り、離床や移動、外出を支える用具について学びを深めます。

|D講座

【講義内容】

● 排泄ケア再考

講師:浜田 きよ子 排泄用具の情報館 むつき庵所長


● 認知症を抱える人への排泄ケアについて

認知症を抱える人に生じる排泄の問題について、置かれている状況を丁寧に把握し、一人ひとりに合ったケアのあり方について考えていく、その視点を深めます。

講師:海下 布左子 氏 認知症看護認定看護師・むつき庵認定講師


● おむつフィッター研修での学びを活用した日々の関わり、実践について

講師:むつき庵認定講師の方々


● 介護する人、される人の役割を通して、それぞれの思いやケアについて考える

さまざまな職種、自宅で介護を担う人など、多様な形でケアに携わる受講生同士、
事例検討を通し、より良いケアについて考え、気づきを深めます。

講師:浜田 きよ子 排泄用具の情報館 むつき庵所長


上記は2021年8月・9月・11月・2022年1月期おむつフィッター1級研修の講義内容です。ご参考ください。

上記のA〜D講座の開催について詳しくは、おむつフィッター1級 開催概要をご覧ください。