おむつフィッター2級講義について

講座の開催およびお申込みについて詳しくは、こちらをクリック

|A講座

テーマ “排泄に関わるトラブルについて詳しく学ぶ・姿勢と動きのサポートを考える”

【講義内容】

● 失禁外来を通してみた、排尿障害の現状

排尿障害の具体的な症状はどんなものなのか。また、器官や神経の問題など、排尿トラブルにはどのような要因が考えられるのか。より良い排泄ケアのために、排尿の問題について学びます。
講師:上田 朋宏 氏 医療法人朋友会 泌尿器科 上田クリニック 院長


● 排泄に関わる皮膚トラブルと、皮膚へのケアについて

排泄ケアについて考える時、皮膚の観察、皮膚へのケアの視点は欠かせません。皮膚のことや排泄に関わる皮膚トラブルへの理解を深め、一人ひとりに合ったケアについて考えます。

講師:佐藤 静恵 氏 みやぎ県南中核病院 皮膚・排泄ケア認定看護師 むつき庵認定講師


【講義と実技】

● 排泄のために・・・姿勢と動きのサポートを考える

快適な排泄を支えるための、姿勢と動きのサポートの基本について、また、ポジショニングの実際について学びます。そして、体の使い方や、ノーリフトの考え方の知識を深めます。

講師:下元 佳子 氏 一般社団法人ナチュラルハートフルケアネットワーク 代表理事 理学療法士


【その他】

● 男性用・女性用装着尿器を知る

メーカー担当者から最新の男性用・女性用装着尿器などの、使い方や説明を聞きます。

|B講座

テーマ “高齢者のこころと身体を理解する・排泄ケア用具(おむつやポータブルトイレ)の検証をする”

【講義内容】

● 高齢者のこころ

“アフォーダンスの知覚と加齢変化” “老人の孤独”とは何だろう “年寄り扱いの始まり” などを題材に、誤解されやすい高齢者の心理を、検証資料等を交えながら学び、考えます。
講師:浜田 きよ子 排泄用具の情報館 むつき庵所長

● 排便のメカニズム、排便のケアについて

排便の仕組みや排便障害について学び、気持ち良い排泄につながるケアについて考えます。
講師:三廼 利美 氏 高岡駅南クリニック 看護師 むつき庵認定講師


【実技】

● 片マヒと高齢者の疑似体験をしよう

疑似験セットを身に着けて、片マヒ・高齢者の方の日常動作を課題に沿って体験します。

● グループワーク「片マヒ・高齢者の方への配慮とは?」

疑似験を通した気付きをもとに、日常生活にどのような配慮が必要か話合います。

● さまざまな紙おむつを知る

紙おむつのメーカーによる商品の特徴や商品紹介、種類や使用法についての説明を通して、最新情報を知ります。

● さまざまなポータブルトイレを知る

ポータブルトイレメーカーにより、製品の特徴や用具との付き合い方など、最新情報を知ります。

|C講座

テーマ “福祉の制度や地域包括ケアシステムについて、また、認知症への理解を深め、一人ひとりに合ったケアのあり方を考える”

【講義内容】

● 地域包括ケアシステムを含めた高齢者を支えるケアのかたち

介護、福祉に関する制度の変遷、現状の制度について学び、地域におけるケアのあり方、今後の方向性など学びます。
講師:山田 尋志 氏 社会福祉法人リガーレ暮らしの架け橋理事長、地域密着型総合ケアセンターきたおおじ代表


● 介護保険と福祉用具について

福祉用具の導入にあたり、介護保険制度において貸与・購入費の支給を利用できる品目や対象外のものなど、福祉用具についての知識を深めます。
講師:浜田 きよ子 排泄用具の情報館 むつき庵所長


● 認知症と排泄ケア

認知症を抱える方へのケアに必要な、基礎的な医学知識について、症例を交えながら学びます。
講師:瀬尾 崇 氏 瀬尾クリニック 院長


● もういちど「おむつ」を考えてみる~

さまざまな種類のおむつについて、また、おむつの選択や使い方の工夫について、もう一度考えてみます。
講師:浜田 きよ子 排泄用具の情報館 むつき庵所長 
熊井 利將 排泄用具の情報館 むつき庵副所長
日野 千代美 氏 おむつフィッター1級 / 鈴木 弘美 氏 おむつフィッター1級


● 事例検討

相談内容を元に、グループで検討し、解決方法を模索します。


※上記は2021年10月・12月・2022年2月期おむつフィッター2級研修の講義内容です。ご参考ください。

※研修内容は変更になる場合があります。

むつき庵認定講師とは、
むつき庵おむつフィッター1級を修了された後、むつき庵とともに、さまざまな研修を推進していく人材を養成する「むつき庵認定講師養成セミナー」を修了し認定された方々です。


上記のA〜C講座の開催について詳しくは、おむつフィッター2級 開催概要をご覧ください。