おむつフィッター1級講義について

講座の開催およびお申込みについて詳しくは、こちらをクリック

|A講座

【講義内容】

● 排泄をテーマに住宅改修を考える

老いや病により、運動機能など不自由さが生じるとき、その人の抱える困りごとを
 理解し、排泄や生活を支える用具・住宅改修のあり方について学びます。

講師:船谷 俊彰氏 パナソニック エイジフリー株式会社  作業療法士


● 薬の役割と排泄に及ぼす影響

薬とは何か、薬の役割について。薬がいかに排泄に関わるのか、薬が身体に及ぼす
影響などを学びます。

講師:千島 已幸氏 クオール株式会社 薬剤師

|B講座

【講義内容】

● 排泄に関わる動作を理解し、そのための衣服の工夫を学ぶ

排泄の支援において、衣服の工夫や用具の使用はとても重要です。
お一人おひとりの望みを支える衣服の工夫について、実技を交えながら学びます。


講師:岩波 君代氏 福祉技術研究所株式会社


● 食べることと排泄の関わり。口腔ケアと食支援について


食べることと排泄は、深くつながっています。口から食べること、食べ物を味わう
こと、そして良い排泄へとつながるように、どのような支援が必要か学びます。

講師:金子 みどり氏 京都まちづくり口元気塾 塾長 歯科衛生士/口腔介護アドバイザー


● 現代社会における介護の在りよう、家族の抱える介護の問題

高齢の夫婦世帯の介護の問題、息子が親を、娘が親を介護する時に抱える困りごとなど、現代社会における家族の抱える介護の問題、生活問題について、学びます。

講師:春日 キスヨ氏 臨床社会学者 高齢社会をよくする女性の会・広島代表

|C講座

【講義内容】

● 疾病に合わせた移乗やポジショニングを学ぶ


老いや病により、介助において配慮しなければならないことは様々に生じます。
心地良い姿勢をどう整えるか、互いに安心できる触れ方とは、など、お一人おひとりに合ったポジショニング、移乗のあり方について学びます。

講師:下元 佳子氏 生き活きサポートセンター「うぇるぱ高知」代表 理学療法士


● 車いすの種類と調整の基本を学ぶ

排泄は、日々の姿勢が大きく影響します。身体の状態、障がいの状態などを
考え、どのような車いすを選んだらよいのか。また、車いすの調整やクッションの
使用により、いかに心地よい姿勢を作るか、を学びます。


● リフトを使った移乗、移動を学ぶ

適切な用具の使用は、排泄動作を含め、日々の生活の助けとなります。
様々な種類のリフト、スリングシートを、目で見て手で触れ、また移乗動作の体験もします。

|D講座

【講義内容】

● 『認知症の人』と、ひとくくりに考えるのではなく、個人に合わせたケアを考え学ぶ

認知症と呼ばれる人は、どのような人なのか。どんな世界を生きているのか。
 そして、認知症を抱える人たちと、私たちはどうコミュニケーションを築いていくの
 か。ともに考え、学びます

講師:西川 勝氏  看護師
2005年〜2016年3月大阪大学コミュニケーションデザイン・センターにて「認知症コミュニケーション」の授業をご担当。


● 認知症の方への排泄ケア-施設での実践を通して-

施設での実践の様子を交えながら、認知症を抱える方への排泄ケアの在りようについて学びます。

講師:吉宗 誠氏 合同会社 有歩道 統括管理者


● 介護する人、される人の役割を通して、それぞれの思いやケアについて学ぶ

様々な職種、自宅で介護を担う人など、多様な形でケアに携わる受講生同士、
事例検討・ロールプレイを通し、より良いケアについて考え、気づきを深めます。

講師:浜田 きよ子 (株)はいせつ総合研究所 むつき庵代表


上記のA〜D講座の開催について詳しくは、おむつフィッター1級 開催概要をご覧ください。