ふくちゃん衣服のリフォームファッションショーにお越しください!

むつき庵の平田です。
いきなりですが、「ふくちゃん」についてお話しします。
昨年、むつき庵代表の浜田に京都府から、地域に根ざした事業を立ち上げてみないか、とお声がかかりました。そこで地域の支え合い推進プログラムとして、「衣」に着目し、「ふくちゃん」事業を立ち上げました。浜田はむつき庵の代表ですから、「ふくちゃんん」の代表は無理なため、平田が「ふくちゃん」の代表です。「ふくちゃん」には、もちろん浜田だけでなく、熊井副所長、むつき庵のスタッフ、おむつフィッターさん、おむつフィッター倶楽部の方々もいろいろな形で関わってくださっています。

服は単に身を包む、身を守るものだけではなく、自分の表現でもあり、おしゃれをすることで人生が大きく変わっていきます。
私たちは年を重ねると、円背や腕が上がらなくなる等々、身体が変化して、服が着にくくなる、身体に合わなくなることがあります。また、身体が不自由なため、服が着にくく、身体より大きな服で我慢している方々もおられると思います。
ふくちゃんは、おしゃれをあきらめている方々に、これまで着ていたお気に入りの服をリフォームすることで着やすくなったり、華やかになったり、おしゃれを楽しんでいただくお手伝いをさせていただこうと服のリフォーム事業を進めています。

ふくちゃん衣服のリフォームファッションショーを開催します

「衣服のリフォームファッションショー~装うことをあきらめない!~」
日時:2019年12月21日(土)13:30開演
会場:京都社会福祉会館4階ホール
参加費:500円
ふくちゃんの初めてのイベントとして12月21日(土)、京都社会福祉会館の4階ホールにおいて、「衣服のリフォームファッションショー~装うことをあきらめない!~」を開催いたします。開催にあたっては、社会福祉法人グループ リガーレ、むつき庵、おむつフィッター倶楽部の共催です。
このファッションショーで、ふくちゃんのことを知っていただき、リフォームすることで、楽に服を着ることができ、装いの楽しみをあきらめないでいただきたいと思います。また、衣服と排泄は切り離しては考えられませんので、併せておむつのファッションショーも行います。
プログラムは「地域の暮らしを支える施設、そしてふくちゃん」と題してリガーレ暮らしの架け橋の理事長である山田尋志氏のご講演、「リフォーム・衣服は人生を変える」と題してふくちゃん顧問の岸本弥生さんのお話と盛りだくさんの内容を考えています。
ぜひ、お誘いあわせのうえ、ファッションショーへご参加いただきますよう、お願いたします。
参加をご希望の方は、お申込書をFAXしていただくか、むつき庵平田またはおむつフィッター倶楽部事務局までメールにてご連絡ください。お申込みをお待ちしています。
お申込書(チラシ)はこちらから
FAX:075-462-0053  または  FAX:075-803-1123
おむつフィッター倶楽部メール:ofclub@mutsukian.com
平田メール:hask@mutsukian.com