おむつフィッター1級講義について

講座の開催およびお申込みについて詳しくは、こちらをクリック

|A講座

【講義内容】

● 排泄をテーマに住宅改修を考える

老いや病により、運動機能などに不自由さが生じるとき、その人の抱える疾病や困難を把握し、そこから排泄や生活を支える用具・住宅改修のあり方について学びます。


● 薬の役割と排泄に及ぼす影響

薬とは何か、薬の役割について、そして、薬がいかに排泄に関わるのか、薬が身体に及ぼす
影響などを学びます。

|B講座

【講義内容】

● 排泄に関わる動作を理解し、そのための衣服の工夫を学ぶ

衣服はその人を表すものです。しかし身体が不自由になると、ケアをする人の視線で選びがちです。排泄を助ける衣服、その人が着たいと思う衣服の実現について、実技を交えながら学びます。


● 「人が逝くときに大切なこと ― エンゼルケア再考」


生と死の過程、そして、つながりについて見つめ直し、また、エンゼルケア(死後のケア)の意義について学びを深めます。


● 生活を支えるお口の環境改善や食の支援について

食べることと排泄はつながっています。しっかり食べられる口づくりやお口の環境改善について、また、地域での食支援の実践について学びます。

|C講座

【講義内容】

● 疾病に合わせた移乗やポジショニングを学ぶ


老いや病により、介助時に配慮しなければならないことは様々あります。
拘縮のある方への姿勢の整え方、互いに安心できる触れ方など、一人ひとりに合ったポジショニング、移乗のあり方について学びます。


● 車いすの種類と調整の基本を学ぶ

排泄は、日々の姿勢が大きく影響します。身体の状態、障がいの状態などを
考え、どのような車いすを選んだらよいのか。また、車いすの調整やクッションの
使用により、いかに心地よい姿勢を作るか、を学びます。


● 生活を支えるベッド・リフトの使用について考える

適切な用具の使用は、排泄行為をはじめ、日々の生活の助けとなります。ベッドの機能について、また、さまざまな種類のリフトやスリングシートを知り、離床や移動、外出を支える用具について学びを深めます。

|D講座

【講義内容】

● 認知症ケア再考

認知症と呼ばれる人は、どのような人なのか。どんな世界を生きているのか。
そして、認知症を抱える人たちと、私たちはどうコミュニケーションを築いていくの
か。ともに考え、学びます。


● おむつフィッター研修での学びを活用した日々の関わり、実践について

おむつフィッター研修での学びを活用した、施設や病院におけるより良い排泄ケアに向けた実践について、むつき庵認定講師やおむつフィッターの方たちからお話しいただきます。


● 介護する人、される人の役割を通して、それぞれの思いやケアについて考える

さまざまな職種、自宅で介護を担う人など、多様な形でケアに携わる受講生同士、
事例検討を通し、より良いケアについて考え、気づきを深めます。


※研修内容は変更になる場合があります。

上記のA〜D講座の開催について詳しくは、おむつフィッター1級 開催概要をご覧ください。